結婚を前提におつきあいをするということ

PR|最愛のペットの供養なら|

私はバツイチ、子供なしです。40歳前半で死ぬのは多分60歳を超えるだろう。そう考えると残り20年以上をどう過ごすか考えると、やはり結婚することが無難なように思える。

ということで、私はまず最初に、お見合いパーティーなるものに、10回ほど通った、桜がいるかはわからないがカップルになるものの、そのあと1回食事にいくぐらいでそれ以上の進展はなかった。

この現状を打破したいとかんがえ。次は結婚相談所にいきました。まあ考えてみても、いい人がいると紹介してバツイチとは仲介する人もいいにくいと思える。

まあ期待せずに、有名な結婚相談所に行った。

最近は、コンピューターにすべて入力し全国の会員さんを検索できる。大阪にいて東京の人とお見合いなんて現実的ではないがそういう人もいるみたです。

私は、そのネットのプロフィールを丹念に検索しバツイチでも可の人を選んだ。

お見合いにたどり着くには、向こうの意思も必要で何回かその段階で断れた。

やっとOKが出るころには、もう誰でもいいか的な投げやりな気持ちになっていることに気づく。

最終的に、お会いできる人に巡り会えばうまく行く確率が高いと思う。

私もそのようになった。

お会いできた人は1人、そのひとと現在も交際を続けている。2ヶ月後に入籍予定だ。