結婚にはトキメキは必要?

PR|ペットの墓石の価格|

私には、もうすぐ付き合って6年目になる彼氏がいた。気づけば私も30歳目前。結婚願望は最初はさらさらなかったけれど、付き合ううちにこの人となら結婚したいなあと2人で暮らしているところを想像するようになっていた。別に焦ってはいなかったけれど、27歳あたりから無性に結婚したいという気持ちが強くなった。私は将来の事を考えて貯蓄もしていたけれど、彼は飲みに行ったり、バイクを買ったり…そんな些細なことでも、この人結婚するつもりあるのかなとモヤモヤした気持ちが続き、ついに爆発。「もうすぐ6年になるのに、責任取ってよ…!」

結局、何も答えが出ないままそのままいつも通りの日常に戻った。

30歳を目前に、自分の人生全てがモヤモヤとしていて、

このまま今の会社でいいのか、自分のしたいことは何か、全てが中途半端なような気がして自分の歩いている道がすっかり前に進まなくなってしまっていた。

そこで、私は自分を「見つめなおす」という名目のもと、ワーキングホリデーでカナダに逃亡した。

彼氏との付き合いも、お互い遠距離だからこそ続いていたことも、彼との結婚は望みつつも、お互いの意見を擦り合わせて2人で問題を解決していくような意識が彼にはないことも何となくこの長い付き合いの中で気づいていた。だけど好きだったから気にしないようにし、遠距離だったから、次に会うときには嬉しさで忘れ、また思い出しを繰り返していた。

カナダへ来て、より離れて気づいたのは、結局自分が、結婚や相手に執着していたということだった。

そこで、彼と別れた。立ち直るのにはかなり長い時間がかかったけれど、今は別れて本当に良かったと思う。今、私には言葉も、食生活も、趣味も、何もかも異なる外国人のパートナーがいる。日本人ならなんとなくその場の雰囲気で読める空気も彼には通じない。

だから、私たちはとことん話す。何もかも。

でも全部白か黒と答えを出さず、2人とも納得できる案を出し互いに我慢しなくてよい生活が出来るよう努力している。前の彼の時ほどトキメキはないのだけれど、心が安定して毎日幸せだなあと思える日々を送っている。

別れから立ち直るまでの期間が一番辛かったけれど、自分の心の思うままに行動して良かったなあと今は心から思う。

結婚に必要なのは、お互いを思いやって問題を一緒に解決するという意識がお互いにあるかどうかだと思う。

内職 アルバイト|工務店向け集客ノウハウ|副業ランキング|JALカード|英語上達の秘訣|住宅リフォーム総合情報|FXシストレ|マッサージのリアル口コミ.com|GetMoney|無料相互リンク|